中古厨房機器で賢く節約しよう

TOP > 中古厨房機器のコラム > 業務用冷蔵庫を中古厨房機器にするための重要ポイント

業務用冷蔵庫を中古厨房機器にするための重要ポイント

 料理店の中でも欠かすことができない厨房機器とされるものが冷蔵庫です。食材を保全するための必要な設備ですが、保全する時の鮮度をキープする能力それから、扉の開閉サイクルが一般家庭と照らし合わせると多くなるので、非常に高い持久性が要求されます。加えて保管力も重要で、たくさんの食材を保全する事が出来る収納のための空きスペースが用意されている事が必須です。厨房で活用する設備はお手入れが容易に出来るといったメンテナンス性も欠かせなくて、食材を保全する場所である事からも常時クリーンに保つ必要があります。 中古厨房機器は買取りされた後に、メンテナンスが行われると共に、消耗部品の差し換えや機能維持のための微調整などを実践して販売されます。そして、外側にキズがある製品もありますが使用上、何ひとつ問題がないものを中古品という形で販売されています。

 中古厨房機器の中にあっても冷蔵庫については、大型のスタイルが評価されています。扉の数で区別されているのが特徴となりますが、扉の数が増えると横幅そのものが広がります。 2ドアタイプ、4ドアタイプ、さらに6ドアタイプなどのように、保管する力が非常に多くなる事で横幅は大きくなりますので、業者向け冷蔵庫を活用する時には、厨房スペースを計算に入れて購入することが肝要になってきます。また、業者向け厨房機器の中にあっても冷蔵庫につきましては、1日に付き何回も食材の出し入れを実行するため、扉を開け閉めする事を反復します。扉の開閉は内側の温度を変えてしまう根本原因でもあるわけですが、業者向けタイプはそうした動作を踏んで設計が実施されているので非常に高い持久性と保温力を持っていますので、中古でも安心して使うことができます。

 業務用冷蔵庫の販売価格は新品の場合は高い価格帯になります。ひとつの例として、4ドアタイプでは100万円ほどの商品価格で販売されている事も少なくありません。厨房には欠くことができない存在ですが、厨房機器を揃えなければならない時は、中古厨房機器を有効に活用することが推奨できます。 中古品のケースでは、傷があったり、ドアノブに汚れがあるなど、外見上に問題のある製品も見受けられます。しかしながら、冷蔵に関する機能は買取りされた後にチェックし、メンテナンスを実施した上で販売されているため不安や心配はいりません。また、店を選択する時には国内至る所に店を持つ専門会社を選択すれば、周辺の店に希望している商品がないケースでも他店から取り寄せできます。さらに別の場所にある倉庫にストックしてある商品を取り寄せできます。

次の記事へ

ページトップへ